洗車

洗車が初めての人必見!誰でも簡単に車をピカピカにする方法!(拭き取り)

更新日:

ボディ洗車を無事に洗い終えたら次は仕上げの拭き取りだ。綺麗に拭き取りることで洗車の仕上がりを美しくすることが出来る。上手な洗車後拭き取りのコツをお教えしよう。

 

1. 拭き取りに必要なもの

拭き取りを洗うために必要な物を確認しておこう。

具体的には以下のものが必要だ。

拭き取りに必要なもの

  • 拭き取りクロス
  • 乾燥したタオル

 

1.1 拭き取りクロス

車のボディから効率的に水分を除去するなら拭き取りクロスが断然おすすめだ。

拭き取りは給水しやすい性質を持ちながら、軽い力で絞るだけで吸い取った水分を簡単に抜き取ることができる。

 

この性質のおかげでボディからガンガン水分を吸い取っても、軽く絞るだけで水分が抜け、すぐに再利用できるようになる。

拭き取りクロスの良い所は、拭き取り用のタオルの枚数を大幅に削減してくれる所なのだ。

IMG_6794

  • 拭き取りクロスがない場合
    タオルを何枚も用意して濡れてしまったら交換せねばならない
  • 拭きとりクロスがある場合
    タオルは仕上げ用に数枚だけあれば良い

タオルの消費が抑えられるということは準備や片づけも楽になるということだ。

このような理由から拭き取りクロスは1枚は持っておいて損はないだろう。

 

1.2 乾燥したタオル

拭き取りクロスが有用であることは説明した通りだが、乾燥したタオルは必ずいくつか必要になる。

洗車後、拭き取りクロスで水分を除去した後、水跡などの汚れが残る場合がある。

この時、拭き取りクロスで強くこすると、拭き取りクロス自体が傷んでしまうことがある。

そこで、水跡などの汚れを落とす最後の仕上げ磨きには乾燥したタオルを使用するのがおすすめだ。

水気は拭き取りクロスで取れるので、あまり多くの枚数は必要ない。

バスタオルサイズなら1枚程度、ハンドタオルなら2枚から3枚程度用意しておこう。

 

 

2.基本的な拭き取り方

準備ができたら早速拭き取りを行ってみよう。

2.1 拭き取りクロスで水分を除去

拭き取りクロスの端を持ってボディにペタッと貼付けよう。

IMG_6795

この時、端から手を離さずそのまま、ズリズリと濡れたボディの上をすべらせるようにスライドさせよう。

たったこれだけでスライドした部分の水分は9割方除去されている。

拭き取りクロスには大量の水分が吸い込まれているので軽く絞って水分を追い出し、どんどん拭き取っていこう。

なお、拭き取りクロスだけでは完全に乾燥させることはできないので次は乾燥したタオルの出番だ。

 

2.2 乾燥したタオルで水分を完璧に除去

拭き取りクロスで大半の水分を吸収させた跡は乾燥したタオルで僅かに残った水分を拭き取ろう。

 

水分の殆どが拭き取りクロスで除去されているので、残った水分をタオルで拭き取るのにはさして苦労はしないはずだ。

乾燥したタオルで仕上げ拭きをするのには2つの理由がある。

乾燥したタオルで仕上げをする理由

  • 水垢を防ぐ
  • 汚れを完璧に拭き取る

 

水垢を防ぐ

水分が残っているとウロコ状の水垢が発生する可能性がある。

完全に水分を除去する事で水垢の発生を抑制することが出来るのだ。

 

 

汚れを完璧に拭き取る

カーシャンプーで洗車を行っても、汚れを完全に除去することは難しい。

大きな汚れは取れたとしても細かな微粒子のような汚れが静電気などで付着したままになっているのだ。

それらの汚れを最後の乾燥したタオルにより除去してあげることが可能だ。

細かな汚れもきっちり除去することで車の仕上がりがもう一ランク上になるのだ。

 

 

 

3. 上手な拭き取り方のコツ

洗車後の愛車を美しく仕上げる為には拭き取りを上手に行う必要がある。

上手に拭き取りるためのコツを紹介しよう。

 

上手な拭き取りのコツ

  • 落ちていない汚れがあったらピンポイントで洗う
  • タオルは汚れたら直ぐ面を変えるか取り替える
  • 乾燥させる前に拭いてイオンデポジットとウォータースポットを防ぐ

 

 

3.1 落ちていない汚れがあったらピンポイントで洗う

拭き取りをしている最中に、大きな汚れが残っているのを発見することがあるだろう。

カーシャンプーでの洗車は実は洗い残しが起きやすい。モコモコの泡でボディが白く目隠しされてしまうので、汚れが付いているのか分からなくなり見落としてしまうのだ。

拭き取りは、そんな洗い忘れ汚れを発見する重要な作業なのだ。

そういう時は、面倒がってタオルで擦ったりせず、ピンポイントでその汚れの部分だけをカーシャンプーで洗い流そう。

硬い汚れをタオルなどで擦ると傷の原因になるので、可能な限り部分洗いをするようにしよう。

 

3.2 タオルは汚れたら面を変えるか取り替える

車体は静電気を帯びており、カーシャンプーでの洗車だけでは取り切れない細かな汚れが残されている。

その為、拭き取りクロスやタオルは必ず拭き取りを進めていくと汚れてきてしまう。

これはどれだけカーシャンプーでの洗車を頑張っても避けるのは難しい。

そこで、拭き取りクロスやタオルは定期的に状態を確認し、黒く汚れてきたら潔くその面を捨て違う面で拭き取るようにしよう。

また、全体的に汚れてきた場合は違うタオルに交換してあげよう。

汚れた面で拭き続けると傷になる可能性があるので、きれいな面で拭き続けることを心がければOKだ。

 

3.3 乾燥させる前に拭いてイオンデポジットとウォータースポットを防ぐ

洗車後に自然乾燥をさせる人がいるがあれはおすすめできない。

なぜなら、車の上に水滴が載った状態で自然乾燥をすると水垢が発生してしまうからだ。

 

イオンデポジット

水分には少ならからずカルシウムなどの成分が溶けており、蒸発することでその成分が決勝となり析出(せきしゅつ)してくる。

この結晶はイオンデポジットと呼ばれ無数に発生することによりあなたの愛車をくすんだ色に見せる原因になるのだ。

 

ウォータースポット

また、太陽光が車体の上に出来た水玉に照らされ、水玉がレンズの代わりになり虫眼鏡の様に車体の一部を焼いてしまう事で出来る汚れ(傷)ができてしまう。

この汚れ(傷)をウォータースポットと呼ぶ。

 

乾く前に拭くことが大前提

日差しの強い日に洗車後の水滴が残ったままにしておくとイオンデポジットとウォータースポットが発生する可能性が高くなるのだ。

早めに拭き取ってあげる事でイオンデポジットとウォータースポットの発生を食い止められるのだ。

なお、イオンデポジットは汚れの一種なのでカーシャンプーなどで除去する事が可能だ。

しかし、ウォータースポットは傷なのでいくら洗っても落とすことはできない。

一度できてしまうと表面を削るか再塗装しないと修復ができないのだ。

洗車後は速やかに拭き取りクロス、乾燥したタオルの順で水分を拭き取ってあげることが重要だ。

 

青空駐車にはコーティング剤で対応

もし、あなたの車が天井のない駐車スペースに普段から停めているなら、洗車時に関わらず、普段からウォータースポット発生の危機にさらされている事になる。

この場合、コーティング剤を使う事で発生確率を下げられるのでぜひ施工しておこう。

ウォータースポットにも効果を発揮するコーティング剤は次で紹介する。

 

 

4. コーティングで愛車をいつでも綺麗に保とう

あなたの愛車は洗車をしてから、どの程度きれいな状態を保つことが出来るだろうか。

青空駐車なので1週間も保てないと思ったあなたは恐らくコーティング剤を施工していないのではないだろうか。

 

コーティング剤は施工すると車の塗装の上に膜を形成し、雨水を流れやすくする他、イオンデポジットやウォータースポットから塗装を守ってくれる。

更に、最近のコーティング剤は特に品質が上がっており、なんと雨が降るだけで汚れが落ちるほど脅威の性能を獲得した製品があるのだ。

 

つまり、コーティング剤を施工しておけば、イオンデポジットやウォータースポットが発生する恐怖を大幅に削減することが出来るだけでなく洗車の手間すら大幅に削減してくれるのだ。

もし、あなたがコーティング剤を使用していないのなら、是非あなたの愛車に施工をおすすめする。

hatena

私のおすすめのコーティング剤はこちらだ。

ヒダカHK-1890特集

 

 

-洗車
-,

Copyright© 洗車部! , 2019 All Rights Reserved.