QA 洗車

拭き取り用クロスのおすすめを教えて下さい

更新日:

シュアラスター 水滴拭き取りクロス S-42がおすすめ

 

一通り洗車を行なった後にやらなければならない事が『水分の拭き取り』だ。車体が大きいほど水滴も多くなり普通のタオル1枚では水分を拭き取りきれないず、なんどもタオルを取り替えたり絞ったりという手間が生まれてしまう。

そんな手間から解放してくるのが『拭き取り用クロス』の存在だ。

拭き取り用クロスとは

 

車の水滴を効率的に除去するには『拭き取り用クロス』と呼ばれるグッズを使用すると良い。

洗車部!ではシュアラスター 水滴拭き取りクロス S-42をおすすめしている。

シュアラスター 水滴拭き取りクロス S-42には以下の様な特徴がある。

シュアラスター 水滴拭き取りクロス S-42の特徴

  • 水分を吸収しやすい
  • 水分を除去しやすい

 

相反する性質のように見えるが実は全く異なる性質なのだ。

 

水分を吸収しやすい

車の水分を除去するためには、水分が除去できなければ話にならない。
シュアラスター 水滴拭き取りクロス S-42は水滴の残る車体に貼り付けて表面をスライドさせるように引き抜くだけで水分を根こそぎ吸い取ってしまうほど強力な吸水性能を持っている。

吸水性能がひくいタオルなどを使用していると、同じ場所を何度も拭かなければならない。

しかしシュアラスター 水滴拭き取りクロス S-42があれば1度拭くだけで水分をしっかり除去する事ができるので手間が大幅に省けるのだ。

 

水分を除去しやすい

タオルで水分を吸収していくと、一定量を吸い取った時点で吸水しなくなり逆に車にタオルから水分が出てくるようになってしまう。タオルを絞ればある程度水分を除去する事ができるが、腕力が必要になる上、乾燥している時ほどには吸水性を回復させる事は出来ない。車1台の水分を完全に除去するには何度もタオルを絞るか何枚もタオルを用意しなくてはならないのだ。

しかし、シュアラスター 水滴拭き取りクロス S-42なら1枚あるだけで確実に車1台分の水分を除去する事が出来るのだ。なぜならシュアラスター 水滴拭き取りクロス S-42は軽い力で1度絞るだけでほとんどの水分を除去する事ができるのだ。

ほとんどの水分が抜けてくれるという事は、吸水性も大幅に回復している。この為、1枚で何度も吸水性を復活させながら水分除去を進める事ができる。タオルを絞ったり替えを用意したりする手間がないのでとても楽に作業を行うことが出来るのだ。

 

アルティメットピカピカレイン付属のマイクロファイバーセームなら更に効率的

シュアラスター 水滴拭き取りクロス S-42の唯一の欠点はあまり素材が大きくない事だ。素材があまり大きくない為、一度に吸水できる限界が小さくいので絞る回数が多めになってしまう。絞るのに大きな力は要らないのでそれほど苦にはならないが、それでも手間が多い事は面倒である。

そこで、洗車部!がおすすめするコーティング剤であるアルティメットピカピカレインに付属するマイクロファイバーセームなら更に効率的に作業を行うことができる。

何故なら、マイクロファイバーセームはシュアラスター 水滴拭き取りクロス S-42に比べ、素材が非常に大きい為だ。2つを比べてみると以下の写真でもわかるように大きさはマイクロファイバーセームの方が圧倒的に大きい事がお分り頂けるだろう。

こちらがシュアラスター 水滴拭き取りクロス S-42を使用している所。デリカD:5のボンネット半分にも満たない。

 

こちらはアルティメットピカピカレイン付属のマイクロファイバーセーム。デリカD:5のボンネットを半分覆い尽くしても余りある大きさだ。

マイクロファイバーセームを使う事で絞りの回数を減らし高速で水分を除去していく事が可能になるのだ。もし、アルティメットピカピカレインを施行する予定があるのであればマイクロファイバーセームがおすすめだ。

アルティメットピカピカレインはこちらで紹介しているので是非参考にして頂きたい。

 

 

まとめ

洗車の基本とおすすめ洗車グッズ

おすすめ洗車グッズ、特集、Q&A

  特集

    Q&A

-QA, 洗車
-, ,

Copyright© 洗車部! , 2019 All Rights Reserved.