QA 洗車

ホイルクリーナーのおすすめを教えて下さい

更新日:

おすすめはシュアラスター ホイールクリーナー  S-65

 

車の中で最も汚れやすい場所、それはホイルだ。地面スレスレに設置され、外部から様々な汚れが飛んでくる上に、ホイルの奥に装着されたブレーキからは、制動のたびにブレーキパッドの破片が飛んできて付着するブレーキダストと呼ばれる汚れに晒されている。この様な悪条件の中で働くホイルは、当然ながら非常に汚れやすい。

そんなホイルを綺麗に出来るホイルクリーナーを紹介しよう。

洗車部!のおすすめはシュアラスター ホイルクリーナー S-65だ。

 

おすすめする理由

この製品がおすすめな理由は以下の3点だ。

シュアラスター ホイルクリーナー S-65おすすめポイント

  • 専用のブラシが付いている
  • ブレーキダストをしっかり除去できる
  • ホイルに付与したコーティングを壊さない

 

一つずつ見ていこう。

 

専用のブラシが付いている

ホイルの汚れは車体に付着する物とは遠くかけ離れている。車体と比べるとホイルの汚れの方が圧倒的に取れ辛い厄介な汚れだ。この為、ホイルに付着した汚れを車体に移してしまわない様にブラシやスポンジの類は分けておく必要がある。

シュアラスター ホイルクリーナー S-65にはホイルに使いやすいブラシのセットが用意されており、ホイル用ブラシを持っていない場合はこれを買うのをおすすめする。

付属のブラシは固めで少しカーブした形状になっている。この形状は複雑なホイルの構造をくまなく掃除するのにとても都合よく出来ている。耐久性も高く中々ヘタらないので普段使いしやすいのもポイントが高い。ブラシを既に持っているならクリーナー単品も安価で用意されているのでそちらを購入すると良いだろう。

 

 

ブレーキダストをしっかり除去できる

ホイルクリーナーに求められる重要な性能、それは『ブレーキダストが除去できるか』だ。ブレーキダストは通常のカーシャンプーでは全くと言って取れない。ホイルクリーナーはブレーキダストを分解できる成分を配合し確実に汚れを落とせる様になっていなければならない。

シュアラスター ホイルクリーナー S-65はブレーキダストを強力に分解させる成分が含まれており、吹きかけて2、3分待つと分解されたブレーキダストが黒く浮き上がってくる。私はこれまでシュアラスター ホイルクリーナー S-65で何度もホイル洗浄を行ってきたが、気になる汚れが残った事は一度も無かった。

シュアラスター ホイルクリーナー S-65は非常に強力なホイル洗剤だが、強力すぎる為、車体やタイヤへの付着は避ける様に書かれている。もちろん短時間の付着であれば深刻なダメージは残らないので、短時間で洗浄し、綺麗に洗い流してあげれば問題ないだろう。

 

 

ホイルに付与したコーティングを壊さない

ブレーキダストを分解できる以外にもう一つ重要な性能がある。それは『ホイルのコーティングを壊さない』事だ。

ホイルは前述の通り汚れが非常に付きやすい。その為、コーティングを施工すると汚れが非常に取れやすくなりホイル洗車が楽になる為、おすすめの施工箇所となっている。私もアルティメットピカピカレインを車体に施工した余りをホイルに施工している。
(アルティメットピカピカレインの詳細はこちら)

しかし、せっかく施工したコーティングも粗悪なホイルクリーナーを使用すると壊してしまう恐れがある。粗悪なホイルクリーナーは強力な分解成分ではなくコンパウンドで汚れを削り落とす方式のものがある。コンパウンドが含まれているとせっかく施工したコーティング剤も一緒に破壊されて削ぎ落とされてしまう。

シュアラスター ホイルクリーナー S-65はコンパウンドが含まれていないのでコーティングを施工したホイルにも安心して使用できるという訳だ。

 

まとめ

  • ホイルクリーナーはシュアラスター ホイルクリーナー S-65がおすすめ
  • おすすめ理由は3つ
  • 専用のブラシが付いている
  • ブレーキダストをしっかり除去できる
  • ホイルに付与したコーティングを壊さない

洗車の基本とおすすめ洗車グッズ

おすすめ洗車グッズ、特集、Q&A

  特集

    Q&A

-QA, 洗車
-, , ,

Copyright© 洗車部! , 2019 All Rights Reserved.