洗車

おすすめのカーシャンプーを教えて下さい

更新日:

シュアラスター カーシャンプー1000 S-30がおすすめ!

車を綺麗にする為に欠かせないのが『カーシャンプー』だ。しかし、カー用品店に行くとおそるべき数のカーシャンプーが置いてある。どれが良いのか分からずに目についたものを購入して使っている人も多いだろう。

そこで、今回は洗車部!おすすめのカーシャンプーを紹介しよう。洗車部!おすすめのカーシャンプーは シュアラスター カーシャンプー1000 S-30だ。

 

おすすめする理由

シュアラスター カーシャンプー1000 S-30をおすすめする理由は以下の6点だ。

 

おすすめの6つの理由

  • 泡立ちが良い
  • しっかり汚れが落ちる
  • 適量と注ぎやすいボトル形状
  • コーティングを壊さない
  • 全塗装車対応である
  • 高圧洗浄機と相性が良い

 

 

詳しく見ていこう。

 

泡立ちが良い

洗車の際には必ず『泡立て』を行わなければならない。これは、洗剤が泡立つ事により表面張力が強くなり汚れを引き剥がす能力が高くなるからである。つまり泡立ちが甘いカーシャンプーは、その分性能に劣ると言うことでもある。シュアラスター S-30は洗車バケツに適量を注ぎ、ホースをシャワーにして吹き付けるだけできめ細やかな泡がバケツ一杯に出来上がる。

もちろん大きな泡では小さな隙間に入り込めない。シュアラスター S-30のきめ細やかな泡ならパーツの間や車のブランドマークの間など小さな隙間にも難なく入り込みしっかり汚れを落としてくれるのだ。

 

しっかり汚れが落ちる

カーシャンプーの最も大切な基礎性能は「汚れが落ちること』だ。汚れが落ちないカーシャンプーなどなんの価値も無い。しかし、恐るべき事に市販されているカーシャンプーの中には全く汚れが落ちないものが存在する。

その点では、おすすめしている シュアラスター S-30は汚れを落とす性能は文句無しだ。車のボディや窓ガラスに付着する砂や泥、黄砂や花粉など様々な汚れをキッチリ落としてくれる。

 

 

 

適量と注ぎやすいボトル形状

ほぼ全てのカーシャンプーは蓋を使って使用するカーシャンプーを計量する。つまり、小さな蓋にカーシャンプーを注ぎ込まなければならないこれはかなり繊細な作業が要求されてしまう。

しかし、 シュアラスター S-30には2つの便利な工夫がなされている。

それは『容量』と『ボトル形状』だ。

 

容量の工夫

シュアラスター S-30の内容は1000ml、つまり牛乳パック1本分だ。この容量は一般人が水状のものを片手で持って取り扱う際に重すぎない限界重量なのだ。1500mlのペットボトルも販売されているが、片手で持って少量だけを注ぐのは非常に難易度が高い。

シュアラスター S-30は誰でも使いやすい1000mlの容量であえて止めているのだと思われる。

 

取っ手の工夫

また、 シュアラスター S-30のボトルの形状にも注目して頂きたい。ボトルに予め取っ手が用意されているのだ。この取っ手があることで注ぎやすさが飛躍的にアップしているのだ。取っ手がないと1000ml入ったボトルを片手で掴み、小さな蓋を反対の手で持ち注ぎ込まなければならない。ボトルを落とさない様に強い力で掴まなければならないので、力が入りすぎてうっかり注ぎすぎてしまう可能性がある。

しかし、取っ手があるだけで傾けた時にも苦労することなくボトルを保持する事が出来るので思った通りの適量を注ぐことができるのだ。使い手の事をしっかりと考えて作られている2つの工夫だと言える。

 

コーティングを壊さない

洗車部!では車のコーティングは必須クラスでおすすめしている。洗車部!のおすすめはアルティメットピカピカレインと呼ばれるコーティング剤だ。

コーティングを施す事で車の洗車した際の仕上り、用意さ、洗車時間といった一連の要素が格段にクラスアップする。(アルティメットピカピカレインに興味がある方はこちらで詳細を紹介しているので参考にしてほしい)

しかし、せっかくコーティングした車もカーシャンプーの選択を誤るとあっという間にボロボロになってしまう。なぜなら、カーシャンプーの中には「コンパウンド」と呼ばれる研磨剤が入っているものが存在するからだ。コンパウンドは微細な粒子の形状をしており、カーシャンプーと一緒に車の表面にこすりつけられる事で汚れを引き剥がす役割を果たしてくれる。しかし、コンパウンドは物理的にぶつかる物全てを引き剥がしてしまうので、汚れであっても施工済みの大事なコーティング層であっても構わずに破壊し引き剥がしてしまう。

コンパウンド入りのカーシャンプーは古くなったコーティングを剥がすという重要な役割をっ持っている。しかしながら、誤って普段使いしてしまうとあっという間にコーティングが台無しになってしまうのだ。そうならない様に、きっちりコンパウンド無しのカーシャンプーを選んでおこう。

もちろん、洗車部!おすすめの シュアラスター S-30はコンパウンドは含まれていないので安心して使用できるのだ。

 

全塗装車対応である

カーシャンプーの中には車の塗装色に相性がある物が存在する。色指定を間違えると仕上がりが微妙な感じになってしまうので、1度購入すると同じ系統の車種しか使用できなくなってしまうので、洗車する車が変わる度に買い直さなければならない。

シュアラスター S-30なら全ての塗装色に対応しているので車の買い替え等を気にせず全ての車に使用する事ができるのだ。

 

高圧洗浄機と相性が良い

洗車部!では先程紹介したアルティメットピカピカレインに加え、『ヒダカ 高圧洗浄機 HK-1890 本格洗車セット 』と呼ばれる高圧洗浄機を併用する事を強くおすすめしている。ヒダカ 高圧洗浄機 HK-1890 本格洗車セット は高圧洗浄機の中でも最強の水圧を作り出すことができるので、アルティメットピカピカレインの汚れの取れやすさとくみあわせることで『最強の洗車性能』を作り出すことができるのだ。

さらに、ヒダカ 高圧洗浄機 HK-1890 本格洗車セット には優れたオプションがある。

それは『フォームランスプラス』と呼ばれるオプションだ。

フォームランスプラスはヒダカ 高圧洗浄機 HK-1890 本格洗車セット のノズル先端に取り付けて使用するオプションで、予めカーシャンプを入れておくと、トリガーを引くだけできめ細やかな泡を一瞬で必要なだけ作り出すことができる。

 

バケツよりきめ細かい泡

バケツで泡を作るよりさらにきめ細やかなクリーミーな泡が作れるので汚れを剥離させる能力がさらに向上するのだ。

 

常に新鮮な泡

バケツで泡を作るとどうしても洗車を待っている間に泡がへたってしまう。

しかしフォームランスプラスなら洗浄する部分に必要なだけの泡を適宜作ることができるので常に作りたてのしっかりした泡で洗車出来るのだ。

 

カーシャンプーは色々な車の状態に合わせオールラウンダーな働きでどんな状態の車でも気にせず使えるものを選ぶのがコツだ。その点、シュアラスター S-30はいかなる車でも気兼ねなく使えるのでおすすめの逸品だ。

 

 

まとめ

  • シュアラスター カーシャンプー1000 S-30がおすすめ!
  • 泡立ちが良い
  • しっかり汚れが落ちる
  • 適量と注ぎやすいボトル形状
  • コーティングを壊さない
  • 全塗装車対応である
  • ヒダカ 高圧洗浄機 HK-1890 本格洗車セット と相性が良い

洗車の基本とおすすめ洗車グッズ

おすすめ洗車グッズ、特集、Q&A

  特集

    Q&A

 

-洗車

Copyright© 洗車部! , 2019 All Rights Reserved.