ヒダカHK-1890

【ズボラ洗車】洗車が嫌いなあなたに贈る洗車を楽に済ませる3つの手順

更新日:

ズボラ洗車はじめました!

ズボラ洗車はじめました!

洗車が嫌いな人は手を挙げて。そんな質問を街中で投げかけるとかなりの手が挙がるのではないだろうか。忙しい毎日の中、度々洗車をする時間をとるのは難しい。よほどの車好きでもない限り毎週洗車などしていられない。安心してほしい。その気持ちの人はたくさん存在する。そんああなたの為に楽にズボラに洗車をする方法をお教えしよう。これであなたもズボラ洗車マスターだ。

洗車教の信者たちはかなり神経質すぎる

洗車をこよなく愛する人たちが作り上げてきた現代の洗車の手順は非常に難解で手間がかかる。『こんなの毎週やってられるか!(怒)』と、叫んでしまう人もかなり多いことだろう。だが、安心してほしい。そのような時間と手間がかかりまくる洗車方法は一部の洗車に魅入られた洗車教信者(褒め言葉)しか行っていない。多くの人はズボラ洗車で十分なのだ。では早速ズボラ洗車について見ていこう。

 

 

ズボラ洗車の目的

洗車をズボラに済ませる点において以下を達成目的とする。

ズボラ洗車の達成目的

  • 概ね15分以内で完了する
  • 手順が簡単であること
  • そこそこ綺麗であること

 

ポイントは『完璧な綺麗さ』は求めないという点だ。これを追い求めるあまり現代の洗車手順は複雑になりすぎている。しかし、『綺麗さをそこそこで妥協する』事ができれば、洗車の手間を大きく減らす事が出来るのだ。なお、この記事では如何に楽にズボラに洗車を済ませるかをテーマにお送りする。いわゆる普通の洗車セオリーからはかけ離れているのでその点についてはご承知の上、お読み頂きたい。では、さっそく手順の紹介に移ろう。

 

 

ズボラ洗車の手順

いよいよズボラ洗車の手順を紹介する。と、いってもズボラ洗車の手順はたった3つしか存在しない。

 

ズボラ洗車の手順

  1. 事前準備(コーティング施工) ※3年に1回のみ
  2. 高圧洗浄機で洗車
  3. 軽く走行して水滴を飛ばして乾燥させる

ズボラ洗車の手順は立った3つだけ。しかも1つ目の事前準備は1回やれば3年は不要になるので、実質手順は2つと言っても過言ではないだろう。では、それぞれの項目について見ていこう。

 

Step.1 事前準備(コーティング施工)

洗車部おすすめのピカピカレインプレミアム!

洗車部おすすめのピカピカレインプレミアム!

ズボラ洗車を始める為には事前準備が必要になる。コーティングを施工すると毎回の洗車時間をぐっと短く楽にすることが出来るのだ。いきなり面倒に感じるかもしれないが、ズボラ洗車を極める為にはコーティングの施工は欠かすことができないのだ。まずは以下のアイテムを集めよう。

 

用意するもの

 

おすすめのコーティング剤

詳しくはコチラ

 

洗車部のおすすめコーティング剤は『ピカピカレイン』だ。では、ピカピカレインとはどのようなコーティングなのかを説明しよう。

 

コーティング剤(ピカピカレイン)

ズボラ洗車を行うために重要なのは以下の特性を車に与えておくことだ。

 

ズボラ洗車に必要な特性

  • 汚れが付きづらい
  • 汚れが落ちやすい
  • 水滴が滑りやすい
  • ワックスがけを不要にする

これらの特性を持つことでズボラ洗車が可能となるのだ。そしてこれらの特性はコーティングによる効果で手に入れる事ができる。

 

 

ガラス皮膜により特性をゲット

車の塗装表面は実は非常に凸凹しており、そのままでは汚れや水滴が引っかかってしまう。そこで表面をなめらかなコーティング(ガラス被膜)で覆ってやることで引っ掛かりを無くしすんなり落ちるようにする事ができるのだ。そのためにはピカピカレインと呼ばれるコーティング剤がベストだ。

 

 

施工は3年に1回のみで良い

ピカピカレインは品質が非常に高く、なんと3年間もの長寿命を発揮してくれる。コーティングはワックスの代わりとして機能してくれるので、一度施工すれば面倒なワックスがけの作業が3年も不要になるのだ。

 

 

ピカピカレインの施工

洗車・乾燥

まずは通常通り洗車を行い、その後よく乾燥させよう。

 

 

ピカピカレイン塗布

付属のスポンジにピカピカレインを少量含ませてボディに塗りつけ、すぐに付属のクロスで拭き伸ばそう。車全体に塗布しても余りがでるので、ホイールにも塗布しておくと更にズボラな洗車が楽しめるのでおすすめだ。

 

 

乾燥

施工してから12時間はコーティングが硬化するために水分の付着が厳禁となる。雨がかからないようにカーポートの下などに置いておくか、晴れた日に施工しよう。

 

 

完成

12時間乾燥させれば完成!

12時間乾燥させれば完成!

12時間が経過すれば完成だ。

弾かれて玉のようになっている

弾かれて玉のようになっている

ピカピカレインが硬化を発揮するとこのように水滴がガラス被膜に弾かれて盛り上がり、写真のように玉のような形状になる。

こうなれば汚れや水滴が非常に取れやすいズボラ洗車に最適の状態が整ったと言えるだろう。そして、この状態に高圧洗浄機(ヒダカHK-1890)を使用することでズボラ洗車が完成するのだ。次は高圧洗浄機(ヒダカHK-1890)について説明しよう。

 

Step.2 高圧洗浄機で一気に洗車!

いよいよズボラ洗車の本領を発揮しよう。ピカピカレインで水滴と汚れが落ちやすい状態を作ることが出来たら、更に高圧洗浄機を使って高い水圧の放水で一気に汚れを押し流してしまうのだ。

 

用意するもの

おすすめの高圧洗浄機

詳しくはコチラ

 

洗車部のおすすめの高圧洗浄機は『ヒダカHK-1890』だ。では、ヒダカHK-1890の特性について見ていこう。

 

高圧洗浄機(ヒダカHK-1890)

ズボラ洗車に必要となる高圧洗浄機の能力は以下の通りだ。

ズボラ洗車に必要な高圧洗浄機の能力

  • 汚れがしっかり落とせる高い水圧が作り出せること
  • 手の届かない場所を洗浄出来る柄の長いオプションが付属すること

コーティングにより水滴や汚れは非常に取れやすい状態にすることが出来た。しかし、それだけではズボラ洗車を行うことはできない。なぜなら、コーティングだけでは洗車をする為にたくさんの道具を用意しなければならないからだ。カーシャンプーやワックス、ブラシなど沢山の物を用意しなければ洗車は出来ない。コーティングで汚れや水滴が取れやすくなっているとはいえ、沢山の道具を用意するのは大変億劫な作業だ。しかし、ズボラ洗車で使うのは『高圧洗浄機一機のみ』だ。これだけで洗車を完成させるのだ。具体的なやり方を説明しよう。

 

ヒダカHK-1890を使った洗車方法

使用するオプション

  • バリアブルアンダーボディースプレーランス

洗車部!おすすめの高圧洗浄機であるヒダカHK-1890本格洗車セットにはバリアブルアンダーボディースプレーランスと呼ばれるオプションが付随している。車の下まわりや屋根の上など手が届かない場所まで楽々高圧水を噴射する事が出来る優れものだ。ズボラ洗車では、このバリアブルアンダーボディースプレーランス一本で洗車を完了させる。

 

高圧水で汚れを吹き飛ばす

作業内容は極めてシンプルだ。バリアブルアンダーボディースプレーランスを取り付けたヒダカHK-1890で車体全体をくまなく高圧洗浄する。

以上。

驚くなかれ、ヒダカHK-1890を使用した作業は本気でこれだけだ。

 

バリアブルアンダーボディスプレーランスなら車体のどこでも高圧洗浄できる

 

バリアブルアンダーボディスプレーランスなら上の写真の様に車の屋根の上も地上から楽々洗浄できる。また、車体の下などの手が届かない場所も簡単に洗浄することが出来る。もちろん、ボディや窓ガラス、タイヤなどもこれ1本で車全体を洗車する事ができるのだ。

 

 

ピカピカレインとの相乗効果で汚れを落とす

ピカピカレインを施行した車体ならこの作業だけでも8割程度の汚れは落とす事が出来る。鳥のフンや花粉、黄砂などメジャーな汚れは長時間放置しすぎて固まり過ぎていたりしない限りは綺麗に落とす事が出来る。もちろん落ちない汚れも存在する。路面に落ちた油汚れなどは固着する力が強くカーシャンプーを使用しなければ落とす事が難しい。しかし、それらの強固な汚れは常に存在するわけではない。運悪く付着していない限りはヒダカHK-1890の高圧水のみで綺麗な車体を取り戻す事が出来るのだ。

 

 

Step.3 軽く走行して水滴を飛ばして乾燥させる

5分走行するだけで水分が吹き飛ぶ

5分走行するだけで水分が吹き飛ぶ

最後は水滴を除去しよう。洗車の大変な作業といえば『水滴の拭き取り』だ。しかし、『拭き取りが嫌い』という人は多い。しかしそこはズボラ洗車。面倒な拭き取りは一切行わない。だが、水滴は放置すると水垢になってしまう。そこで、洗車のあとには『軽く走行して水滴を吹き飛ばす』のだ!

 

掟破りの洗車後の走行

洗車好きな人に『洗車のあとは拭き取りを一切せず走って水滴を飛ばす』なんて言った日には卒倒して倒れてしまうかもしれない。それくらい洗車好きの人々の間では洗車直後のビチョビチョの状態での走行は禁忌とされているのだ。では、なぜズボラ洗車ではそれを推奨しているのか。答えは簡単だ。それは『そこそこ綺麗にする』事が目的だからだ。

 

濡れたまま走行すると汚れが付着しやすい

車体が濡れたまま走行すると、空気中の汚れが水滴と混じり付着しやすくなるのは想像するのは難しくない。濡れたままで走行するのがNGとされている最大の理由はこれだ。しかし、ピカピカレインを施工していれば話は別だ。

 

ピカピカレインの効果で水滴を吹き飛ばす

通常の塗装のみであれば、しばらく走行しても水滴が消えず汚れと混じって酷い状況になってしまう。しかし、ピカピカレインを施工していれば話は別だ。ピカピカレインを施工して走行すると以下の効果が得られる。

ピカピカレイン施工済みで走行する効果

  • 水滴が簡単に吹き飛ぶ
  • 隙間に入った水滴が飛び出してくる

 

水滴が簡単に吹き飛ぶ

ピカピカレインの作り出すガラス被膜のおかげで水滴が非常に落ちやすい状態になっている。おおむね60km/h程度の速度を出すだけで簡単に水滴を吹き飛ばす事ができる。

 

隙間に入った水滴が飛び出してくる

走行による振動を与えることで隙間に入った水滴も追い出す事ができる。隙間の水滴は拭き取りを行った後ふいに流れ出て流れシミを作る原因となるので走行時に除去出来る硬化がは非常に大きい。飛び出してきた水滴はボディに付着するがピカピカレインの効果と走行による風圧により簡単に吹き飛んでいく。合計、5分~10分程度の時間を60km/h以上の速度で走行出来たらボディをチェックしてみよう。あらかたの水滴が吹き飛んでいれば作業完了だ。

 

ズボラ洗車完了

ガレージに車を戻し、ヒダカHK-1890を片付ければあっという間のズボラ洗車完了だ。もちろん、懇切丁寧で手間のかかる洗車と比べれば綺麗さは『そこそこ』だが、お手軽さという点では比較にならないほど簡単だ。洗車が大変すぎて困っている人は是非、この『ズボラ洗車』を試してみて頂きたい

 

まとめ

ズボラ洗車の方法

  • 事前準備(コーティング施工) ※3年に1回のみ
  • 高圧洗浄機で洗車
  • 軽く走行して水滴を飛ばして乾燥させる

 

ズボラ洗車に必須のアイテム

おすすめのコーティング剤

詳しくはコチラ

 

おすすめの高圧洗浄機

詳しくはコチラ

 

 

-ヒダカHK-1890

Copyright© 洗車部! , 2019 All Rights Reserved.