洗車

水洗車の2つのメリットと3つのデメリット

更新日:

水だけで洗車するいわゆる『水洗車』は2つのメリットと3つのデメリットが存在する。詳しく紹介しよう。

 

1. 水洗車とは

水洗車とは、カーシャンプーなどの溶剤を使用せず、水とクロスだけで汚れを落とすやり方だ。

ホースから水を車体に流し、その水に沿ってクロスやスポンジで優しく撫でていく。カーシャンプーなどは一切使わず、水で浮かせた汚れを洗い流す方法だ。

では、この『水洗車』にはどのようなメリットとデメリットが存在するのだろうか。

詳しく見ていこう。

 

2. 水洗車のメリット

水洗車には以下2つのメリットがある。

 

水洗車のメリット

  1. 道具が少なくて済む
  2. 準備が簡単

詳しく見ていこう。

 

 

2.1 道具が少なくて済む

fb3ed993114865d65a8e49e51eff6022_s

水洗車はカーシャンプーを使用せず水とクロス・スポンジのみで仕上げる方法だ。

この為、カーシャンプーで洗車する時に必要なバケツや洗剤の類は用意が不要となる。

わずかではあるが時間の節約につながるのだ。

 

2.2 準備が簡単

水洗車はカーシャンプーを泡立てる手間がない。

車を洗う位置に留めて、ホースとクロス・スポンジを持ったら準備完了だ。

手軽にすぐにはじめられるのが水洗車の最大の魅力だ。

 

3. 水洗車のデメリット

一方で水洗車には以下3つののデメリットがある。

それは以下の通りだ。

IMG_6720

 

水洗車のデメリット

  1. 汚れが落ちにくい
  2. 車体を傷つける恐れがある
  3. 時間がかかる

デメリットについても詳しく見ていこう。

 

3.1 汚れが落ちにくい

水だけで落とせる汚れにはやはり限界がある。

サラッとした汚れには水洗車でも対応できるが、油汚れは水洗車だけでは落とす事が難しい。

油物の汚れが付いたお皿を水だけで洗い流そうとしても難しいのと同じだ。

食器用洗剤と同じくカーシャンプーには油を分解する力があり、車体に付いた汚れを落ちやすくしてくれる。

水洗車では落とせない汚れがある事を覚えておこう。

 

3.2 車体を傷つける恐れがある

水洗車は流水で汚れを浮かせてクロスやスポンジで押し流す事で綺麗にしていく。

しかし、水だけで十分に浮かなかった汚れは、クロスやスポンジに引っかかり、車体の上で引きずられてしまう。

この時、硬い汚れが車体を傷つけてしまうことがある。

カーシャンプーの力を借りないと落とせないような汚れをずっとこすっていると、洗車傷になってしまうこともある。

簡単に撫でて落ちない様であれば、諦めることも肝心だ。

 

3.3 時間がかかる

準備物が少ないので、短時間で終わると思いがちだが、水洗車は意外と時間がかかる。

理由は二つある。それは以下の通りだ。

 

水洗車で時間がかかる理由

  • 汚れが落ちない為、洗い直しが多い
  • シャンプーを用意する時間はさほどかからない

 

 

3.3.1 汚れが落ちない為、洗い直しが多い

水洗いはカーシャンプーを使わないので、どうしても汚れが落ちにくい。

その為、一度洗ったはずの場所が拭き取りをした時に汚れだらけだった、なんて事がよく起こってしまう。

一度拭き取った部分を再度洗うと、他の拭き取った場所まで濡れてしまい、やり直しの範囲が大きくなる。

この作業はとても手間なのでカーシャンプーでしっかり汚れを洗い流すより返って時間がかかってしまうのだ。

 

3.3.2 シャンプーを用意する時間はさほどかからない

水洗車とカーシャンプーでの洗車はカーシャンプーの泡立てくらいしか違いがない。

カーシャンプーの泡立てには2分もかからない程度だろう。この2分の短縮が汚れの落ちにくさを生んでしまう。

2度洗いする事を考えると、初めからカーシャンプーを泡立てる方が余程楽なのは明らかだ。

 

4. 効果的に水洗車をやる方法

ここまでで水洗車は簡単に出来るがデメリットも多い事がわかってもらえたと思う。

そんな水洗車を効果的に実施する方法についてお教えしよう。

 

4.1 綺麗になる範囲を見極める

カーシャンプーを使わない水洗車には『落ちない汚れ』が存在する。いくら流水でこすっても取れないのだ。

この様な汚れには水洗車は無力なので、早々に諦める事が肝心だ。無闇とこすると洗車傷につながりかねないからだ。

流水とクロス・スポンジで優しく撫でて取れない汚れは諦める事が肝心なのだ。

 

4.2 コーティング剤を施工しておく

水洗車でも汚れを落としやすくする方法がある。それが『コーティング剤の施工』だ。

yiPhone-160326111005-001

コーティング剤はあなたの愛車の塗装面の上に薄いガラス被膜を形成し、汚れがこべりつかなくしてくれる。

一度、コーティング剤を施工すれば雨水でも汚れが落ちるほど、効果がある。

コーティングは高くて手が出ないと思いがちだが、最近ではとても一般的になってきている。

最近のコーティング剤の中でもおすすめの物は以下の特徴がある。

 

最近のコーティング剤の性能

  • 価格が安い(1万円未満)
  • 自分で施工できる
  • 効果期間は3年間

これだけ好条件が揃っているので例え水洗車をしなくても施工する価値が十分にある存在になっている。

かく言う私もコーティングはしていなかったのだが、知人の紹介で施工してみた所、洗車が圧倒的に楽になり大感動した。

私が施工したおすすめのコーティング剤はこちらで紹介しているので、是非参考にして頂きたい。

 

まとめ

水洗車のメリット

  • 道具が少なくて済む
  • 準備が簡単

 

水洗車のデメリット

  • 汚れが落ちにくい
  • 車体を傷つける恐れがある
  • 時間がかかる

 

効率的に水洗車をやるコツ

  • 綺麗になる範囲を見極める
  • コーティング剤を施工しておく

 

おすすめのコーティング剤

ピカピカレイン特集

-洗車
-, ,

Copyright© 洗車部! , 2019 All Rights Reserved.